本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 広島 > トマス小崎像

トマス小崎像

                               広島キリシタン関連史跡

26聖人の一人、トマス小崎


26聖人の一人であるトマス小崎の像。
船入櫓跡の公園の外側に建てられています。


トマス小崎像


1597年1月19日頃、長崎に向かう26聖人の一行は三原で泊まりましたが、その夜トマス小崎は伊勢にいる母に宛てる手紙を書きました。

書かれた手紙は、一緒に殉教した父、ミゲル小崎の懐から発見され、長崎の信徒が教会に届けたので、その内容が現在に伝わっています。

トマス小崎は長崎の西坂で殉教した時わずか14歳でした。




トマス小崎像

解説

トマス小崎像

船入櫓跡



 
現地への行き方
JR「三原駅」から徒歩3分。住所は三原市城町2-14です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>