本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 広島 > 広島キリシタン殉教碑

広島キリシタン殉教碑

                                広島キリシタン関連史跡

広島のキリシタン殉教者を偲んで


命をもって主を証したキリシタン殉教者を記憶し顕彰する碑。
広島藩の処刑場が太田川放水路の辺りにあったため、こちらに記念碑が建てられました。


広島キリシタン殉教碑


碑の隣に建てられた解説碑「殉教碑題記」には以下のように記されています。

「広島でキリスト教の伝道がはじまったのは1599(慶長4)年である。その翌(1600)年関ケ原戦の結果、藩主毛利氏は萩に移り代わって入城したのは福島氏であった。幕府の禁令によって、キリシタンの取締りはいっそう厳しいものとなり、広島での宣教17年後最初の殉教者が出るに至った。そのあと浅野氏の時代を迎え激しい迫害と弾圧が続いた。峻烈な拷問にも屈せず信仰を全うして天国に召された方たちの史実と正確を期してここに記録し附近に刑場のあったこの地に碑石を建立する。この外、捕えられて行方不明となり処刑されたと推定されるものなど、史実が定かでないもの多数に及ぶ。この方たちを含め崇高な先人の信仰の跡を偲び、謹んで記念し顕彰するものである。1984(昭和59)年2月12日殉教碑を建てる会」

そして後に続けて、記録等で分かっている殉教者の名前と処刑された方法などが続いています。
「1616 元和2年 11月26日 磔 ドミンゴ 星野嘉蔵
 1624 寛永元年 2月16日 斬首 フランシスコ 遠山甚太郎
         2月16日 斬首 ルイス 信吉
         2月19日 磔 マチアス 庄原市左衛門
         3月8日 磔 ヨアキム 九郎右衛門
 1634 寛永11年 2月13日 火焙 加左衛門と妻子(3名)
         2月13日 火焙 麹屋の姥 イザベル(2名)
 1636 寛永13年 5月23日 穴吊 宗清
 1646 正保3年 12月23日 牢死 野村八左衛門
 1652 承応元年 8月28日 牢死 八郎右衛門妻
         9月20日 牢死 野村広介
 1653 承応2年      牢死 与八郎
 1654 承応3年 2月3日 斬首 横江忠左衛門、野村伝介妻、久三郎、善太夫、善太夫妻、七兵衛、長右衛門(7)名」

広島藩主の在位期間は、福島正則(1600-1619)、浅野長晟(1619-1632)、浅野光晟(1632-1693)なので、幕府による禁教令下ではありますが、直接的にはこの3人が命じた処刑だったといえます。




広島キリシタン殉教碑

広島キリシタン殉教碑

解説碑

周辺地図



 
現地への行き方
JR「西広島駅」から徒歩13分。住所は広島市西区己斐東1丁目2-13です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>