本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 広島 > カトリック観音町教会

カトリック観音町教会

                                広島教会

毎年広島キリシタン殉教祈念祭を行う


毎年広島キリシタン殉教祈念祭を行っているカトリック教会。
聖堂内には広島キリシタン殉教者の絵の他、彼らの列福式の際に鳴らされた鐘が展示されています。


カトリック観音町教会


カトリック観音町教会は、1932(昭和7)年、ドイツの男子修道会トリエルの慈悲の友会が、西観音町1丁目にあった倉庫を改造し、貧困者のために給食事業を開始したことに始まります。

正式にカトリック観音町教会として献堂式が行われたのは1954(昭和29)年のことで、翌年隣に幼稚園が併設されて現在に至っています。

毎年この教会から広島キリシタン殉教碑までを歩いてミサを執り行う広島キリシタン殉教祈念祭が2月に行われています。



カトリック観音町教会

カトリック観音町教会

カトリック観音町教会

聖堂内

パイプオルガン

殉教者の絵

鐘の解説

列福式で鳴らされた鐘



 
現地への行き方
電停「観音町」から徒歩1分。住所は広島市西区観音町15-31です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>