本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 広島 > 旧国泰寺 愛宕池

旧国泰寺 愛宕池

                                広島史跡

浅野氏の菩提寺


広島藩主となった浅野氏の菩提寺。
国泰寺は昭和53年に広島市西区己斐に移転したので、こちらに残されているのは庭園内にあった愛宕池の遺構のみです。


旧国泰寺 愛宕池


広島の殉教者フランシスコ遠山甚太郎らの処刑を命じたのは、藩主の浅野長晟(あさの・ながあきら)でした。

広島でキリシタンが処刑されたのは1619年から1654年までで、歴代の藩主が命じたものです。

昭和になってから国泰寺は移転しましたが、キリシタン処刑を命じた広島藩浅野氏の藩主はこちらに埋葬されたとみられます。



国泰寺跡

国泰寺解説坂

愛宕池の配置

国泰寺跡



 
現地への行き方
ANAクラウンプラザホテル広島(広島市中区中町7-20)の玄関前、平和大通りの脇にあります。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>