本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 広島 > カトリック幟町教会

カトリック幟町教会

                                広島教会

広島司教区のカテドラル


カトリック広島司教区のカテドラル(司教座教会)。
世界平和記念聖堂は村野藤吾の設計によるものです。


カトリック幟町教会 世界平和記念聖堂


1945年8月6日広島に原爆が投下されたてからちょうど9年目の1954年8月6日、世界平和記念聖堂は献堂されました。

1959年に広島代牧区は広島司教区に昇格したため、こちらの聖堂が司教座聖堂(司教座の置かれた聖堂。カテドラル)となりました。

聖堂前の庭に建てられた聖堂記には「此の聖堂は、昭和20年8月6日広島に投下されたる世界最初の原子爆弾の犠牲となりし人々の追憶と慰霊のために、また万国民の友愛と平和のしるしとしてここに建てられたり。 而して此の聖堂によりて恒に伝へらるべきものは虚偽に非ずして真実、権力に非ずして正義、憎悪に非ずして慈愛、即ち人類に平和をもたらす神への道たるべし。 故に此の聖堂に来り拝するすべての人々は、逝ける犠牲者の永遠の安息と人類相互の恒久の平安とのために祈られんことを。 昭和29年8月6日 」と刻まれています。



世界平和記念聖堂

彫刻

ヨハネ・パウロ2世像

戦死者追悼碑

聖堂内

聖堂内

中央祭壇

パイプオルガン



世界平和記念聖堂

世界平和記念聖堂



 
現地への行き方
電停「銀山町」から徒歩5分。住所は広島市中区幟町4-42です。


この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                         NEXT >>